taniyakunのブログ

日々徒然を思いつくまま書いています。

TOKIO T とても O おもろい K 器用な I いい O 男達 寛容性無き社会

 

アイドルなのに農業も出来れば料理や大工も出来る。

俺はジャニーズは嫌いだがTOKIOは大好きである!

 昔から男の道楽は(飲む 打つ 買う)大体この3つ(酒 ギャンブル 女)のどれかで庶民からお偉いさんまで失敗を繰り返してきたもんです。好きなものにハマり失敗するのも命を縮めるのも好きなものが原因です。

自分自身65年生きて来て反省と後悔の連続です!

無くて七癖なんて言葉もありますが人は誰でも何らかの癖や弱さを持っているもので、今の時代は全ての人の行動を「社会の常識」(時間や時代と共に変化するもので絶対正義では無い)という物差しで図り、それに沿わなければ鬼の首を取ったように吊し上げ非難する。

 

糞も垂れなきゃ屁もひらず。そんな人間何処にもおらず。

人間という生き物は非常にストレスに弱く日頃の仕事やら人間関係のプレッシャーを何かの遊びで発散しながら自分なりに精神的なバランスを取っているもので、それが時に行き過ぎた行為に及ぶこともあります。

昨今、特に日本人社会は目立つことを嫌い、人と同じだと安心するようなところがあります。冗談で女の子をからかえばセクハラ行為だと言われ、目下の者に本人の成長の為を思っても強い口調で注意すればパワハラだと言われあまりにも被害者意識の強い人が増えているのではないでしょうか?

 

現代社会は人に気を遣うあまり人との接触が非常に面倒くさく成ってます。

 

人と付き合い共生するには自分との違いを認めお互いの欠点を受け入れ寛容性を持って付き合うことから始めないと殊更に欠点をあげつらうと全て喧嘩の原因になるでしょう。

相手の欠点に気が付けば自分の出来る事なら思いやりを持ってフォローしてやる。お互い様で人から助けられることも自分が人に対してする以上にしてもらう方が多い!

 

マスコミ報道の責任はより良い社会を創るために本当に必要な情報を提供することであり 小さな人のミスを大袈裟に騒ぎ立てることではないと思いますが! 

身近な些細な事は大げさに騒ぐのに遠くの国の事件は虐殺でも性暴力も自分には関係ないと知らんぷり!

マスコミは正義を振りかざし視聴者の代表だという顔で質問して相手の言葉尻を捕らえ容赦なく下衆の勘繰りで追求する!
そう言う連中に「じゃあ、あなたは完璧で全く欠点のない人ですか?」聞いてみたいですね。

マスコミが正義面して加害者ばかり非難して被害者には非がないような論調で偏っていることが異常だと思います。
人は皆、何かしら欠点を持っているもので100%完璧な人間がいたとしたらそれこそ決して友達にはしたくないし気持ち悪いと思いませんか?

「俺は今のマスコミ報道に憤っておる!!!」

現代はマスコミの論調に洗脳され人の失敗を許さない寛容性のない社会になって来たのではないでしょうか?

今回の山口くんの事件も100%加害者に非があるわけで無く被害者も反省すべき点があります。被害者に自分自身反省する気持ちがあれば示談が済んでいる事件がこれ程の大騒ぎに為ることもなかったでしょう。

 

物事全て良い面、悪い面一枚の紙の裏表のようなもので必ず両面あります。一方的な加害者もいなければ一方的な被害者もいない!

 

社会に起きる様々な事件の反応を見ていて現代はSNSにより自由に意見を言える良い時代ですが時にマスコミ報道などの誘導により自分の確たる意見を持たず自分で考える事をしないで一つの意見が炎上したり付和雷同しているようにも見受けられるます。

 

社会が多数決で物事を決めて行くことは果たして正しい事でしょうか?

社会は色んな人種、考え、貧富の差があり育ってきた過程で考えることも違えば正しいと信じていることも人それぞれに全て異なっています。

現代の状況は学校や会社でも意見や状況の違う人間に対してイジメが横行し人権をないがしろにし弱い者いじめをしているように感じられます。

 

独裁政権における一方的な世論に流され間違った方向に暴走することは日本の戦時中に限らずドイツのヒットラー毛沢東ソ連スターリン等の例、今迄の歴史に照らし合わせてみれば現代の状況も過去の時代に有った同じ状況で非常に危うい気がします。

 

特に日本人の場合空気を読む事に重きを置き人と違った意見を持つことを恐れ、出る杭は打たれる、長い物には巻かれろ、と事なかれ主義で世渡りすることが多く論争も好まず、平和的に物事を進める。

 少数意見を尊重する事は非常に大事で多数の意見に偏ることなく思いやりを持って一つの合意を創っていくべきだと思います。

 

人間は異なる個性が集まり社会が異なるからこそ面白いのであって全く一緒では面白くも何とも無いとおもいませんか?

海外や国内に旅行した時自分の日常とは違う世界があるから楽しいのであって全く一緒なら誰も旅行などしないでしょ! 

人と出会った時、自分とは違いが有るから好意を持ったり反感を持ったりします。

 

 終戦記念日になると何時も同じことを考えますが国の行事として日本は原爆被害を繰り返し訴え核廃絶を世界にアピールする!

韓国、中国は日本の統治から解放されたことを記念日として反日の意識を盛り上げ、12月8日真珠湾攻撃をした日にはアメリカではリメンバーパールハーバーと言って日米開戦の正当性や原爆を落とした事の正当性をアピールする!

各国とも永遠に相手の罪を非難して自分の犯したことは忘れようとする!

お互い相手を許し反省する所からしかより良い未来に新しい関係は築くことは出来ないのでは無いでしょうか? 

 

 多くの人は何らかの被害を受けると人に被害を与えた場合より、より長く記憶に残り恨みを持ち続ける傾向がある。

人にした事はわすれ、人にされたことは何時までも覚えて恨む。

しかし、過去に犯した罪の反省は出来ても他人からされたことは反省出来ません!

人からされたことは許し忘れることしか出来ないのです。

受けた被害を何時までも恨む事無く、許す寛容性が大事ではないでしょうか?

逆に加害者は二度と同じ過ちを犯さないように深く反省する事も改める事も出来ます。

個人でも国際社会でも全く同じだと思います。

個人の意識が変われば社会は変わる、夢の様な事ですが社会が良くなるには一人一人がより良く変わることが真の革命に繋がる事だと思う! 

 

この文章は誰に言うでもなく個人的に自戒を含めて自分自身の思いを書き記しております。

 

ダライラマの言葉

「他者に対する暖かい思いやりを持つように努力してください!」